起床と就寝の繰り返し

起きている間にやったことの記録

通信速度制限

スマートフォンの通信は、iPhoneの通信量2GBという、一番お手軽なプランのものを使っている。

仕事で使うわけではないので、通信速度が制限されても特に困ることはないからである。

2GBを超えて使ってしまったら、それからは別に使わなければいいのだ、という態度である。

 

大体月末ぐらいに2GB使ってしまって、そこから速度制限がかかる。

しかし月によってはうっかりして中旬に速度制限されたりして、その瞬間は少し落ち込む。

落ち込むと言っても、そこからの生活で何か不便があるわけではないのだ。

暇つぶしの道具を文庫本とかに変えるだけなのだ。

だけれども速度制限を通知するメールが来ると、なんだか自分が悪いことをしたような気持ちになるのだ。

 

そうなってくると、今度は月初にいらないストレスが来る。

今月は上手に通信量をやりくりしてやろう、という気持ちだ。

繰り返しになるが、速度制限されても一向に構わないのだ。

でもなんだか月が変わると、無駄にネットを見ないぞ、とかいらない決心をしている自分がいる。

ネットを使いながら、今通信量は大丈夫だろうか、とか心配になって過剰にチェックしてしまう。

いや、このチェック自体に通信量がかかっているんじゃないか。

だがインターネット使いたい。

ああ。

 

そうやってスマホを使っていると、さらに今度は月末に速度制限された時にがっかりすると同時に、すごくほっとしている自分がいる。

俺はもう、通信量を気にる必要はないのだ。

いくら使っても誰にも怒られることはない。(遅いが。)

俺は自由だ。

次の月初まで!

という気持ちになる。

 

全部ひっくるめて全然いらない心の動きで、大変滑稽である。

広告を非表示にする