起床と就寝の繰り返し

起きている間にやったことの記録

ガラケーを讃える

f:id:hoxon800:20150228184318j:plain

最近、携帯をスマホに変えた。

大学生の時にスマートフォンが発売されてからもずっと、頑なにガラケーを使ってきた僕だが、特に差し迫った理由もなく、先日ふっとスマホに変えてしまった。

機種変して数週間、スマホの便利さにおののく一方で、自分の貧乏根性がメラメラと激しく燃える音を聴いている。

ガラケーまだ使えたのに…!

ごめんなさいガラケー

という訳で、ガラケーを精一杯讃えようと思いました。

スマホと比べて、ガラケーが優れているところを一生懸命考えた。

2つあったので紹介します。

 

ガラケーの凄いところ①

《長い》

f:id:hoxon800:20150228185225j:plain

このように、ガラケースマホに比べて圧倒的な長さを誇る。

スマホを「5」とすると「8」はありそうな長さである。

長い。

長くて何がいいかというと、冷蔵庫の下にクリップや小銭を落としてしまった時に便利である。

f:id:hoxon800:20150228185604j:plain

 

ガラケーの凄いところ②

《挟める》

f:id:hoxon800:20150228185846j:plain

ガラケーは、二つに折れるため、間にものを挟める。

上の写真のように、本のしおり代わりにもなるし、食べかけのお菓子の袋を閉じておくこともできる。

晴れた日曜日、彼女とのデート中、河原で見つけた四つ葉のクローバーを挟んでおくことだってできる。

この場合は、クローバーも挟んでおけるが二人の思い出も挟んでおけることになる。

 

そして、挟めることにより、ものを破壊することも可能である。

 

f:id:hoxon800:20150301094928g:plain

 

この様に、ポテトチップスなら粉々にできる。

どんなにすごいアプリを入れても、スマホには決してできない芸当である。

f:id:hoxon800:20150228202638j:plain

プリングルスもびっくりしただろう。

結局、三枚割ってみた。

割って拾って食べて、を繰り返し、残りは全て筒から食べた。

f:id:hoxon800:20150228202837j:plain

 

ポテトチップスも挟めるが、何だったらもう、スマホも挟める。

f:id:hoxon800:20150301100326j:plain

スマホなんて薄いもの、挟むのはお手のものである。

心なしかガラケーも嬉しそうである。

 

以上である。

ガラケーの凄いところを一生懸命探したのだが、結局2つだった。

機能のことに触れたらスマホに勝てるわけないし、料金のこともなんかよく分からないのであまり考えたくない。

となると上記の2点しかないのだ。

ごめんガラケー

ガラケーに満足してもらうために、最後に、「スマホに勝ってそうな写真」を何枚か撮ったので、それを最後に載せます。

 

 

f:id:hoxon800:20150301101919j:plain

スマホに馬乗りになるガラケー

 

f:id:hoxon800:20150301102114j:plain

スマホの上に、仁王立ちするガラケー

 

f:id:hoxon800:20150301102807j:plain

スマホを、勝者の位置から見下ろすガラケー

 

f:id:hoxon800:20150301102338j:plain

スマホに片足を乗せるガラケー

f:id:hoxon800:20150301102400j:plain

(イメージ)

 

 

f:id:hoxon800:20150301102449j:plain

スマホに、ショッキングな一言を発するガラケー

f:id:hoxon800:20150301102520j:plain

(イメージ)

 

 

f:id:hoxon800:20150301102615j:plain

ひれ伏すスマホの横を悠然と通り過ぎるガラケー

f:id:hoxon800:20150301102641j:plain

(イメージ)

 

 

 

 

よし、撮ったな。

撮った撮った。

これでガラケーも満足してくれたと思う。 

今は、本棚の隅にこうして飾っています。

鏡餅の飾りである。

f:id:hoxon800:20150301103411j:plain

頑張ってちやほやしたので「いやー、ガラケーやっててよかったですわ!」とか思ってくれたら僕も嬉しい。

広告を非表示にする